業績

医局員著書

著者名 題名及び書籍名 発行所 発表年
酒井瞳、勝俣範之 「G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)の基礎と臨床」婦人科がん P129-137 医薬ジャーナル社 2013年
酒井瞳、勝俣範之 「がん分子標的療法ハンドブック-悪性腫瘍治療ストラテジー」婦人科がん P110-121 ヴァンメディカル 2013年
原野謙一 「がん診療UP TO DATE」(がん診療 UP TO DATE編集委員会編著)
第Ⅰ章 がん治療の基礎知識 1.腫瘍内科医の役割とチーム医療 2.抗がん剤の理論と適応 P2-22
第Ⅲ章 各種がんの治療 9.婦人科がん P342-382
日経BP社 2013年
門倉玄武 「がん診療UP TO DATE」(がん診療 UP TO DATE編集委員会編著)
第Ⅰ章 がん治療の基礎知識 3.臓器障害時の抗がん剤投与方法 4.効果、安全性の評価方法 P23-63
第Ⅲ章 各種がんの治療 7.肝・胆・膵がん1肝細胞がん P279-303
日経BP社 2013年
酒井瞳 「がん診療UP TO DATE」(がん診療 UP TO DATE編集委員会編著)
第Ⅴ章 副作用のマネジメント 1.骨髄抑制 5.下痢 P696-710、P768-777
日経BP社 2013年
原野謙一 増刊 レジデントノート(勝俣範之編)「担当医が絶対知っておきたいがん診療のキホン」
がん患者の診かた・支え方,化学療法の副作用対策や緩和医療,緊急事態への対応がわかる! P61-65, P114-121 Vol.15-No.11
羊土社 2013年
門倉玄武 増刊 レジデントノート(勝俣範之編)「担当医が絶対知っておきたいがん診療のキホン」
がん患者の診かた・支え方,化学療法の副作用対策や緩和医療,緊急事態への対応がわかる! P40-46, Vol.15-No.11
羊土社 2013年
酒井瞳 増刊 レジデントノート(勝俣範之編)「担当医が絶対知っておきたいがん診療のキホン」
がん患者の診かた・支え方,化学療法の副作用対策や緩和医療,緊急事態への対応がわかる! P10-15, P81-88, Vol.15-No.11
羊土社 2013年
門倉玄武、勝俣範之 「コンセンサス癌治療」特集 癌薬物療法の副作用対策 支持療法と用量調整のポイント 12.血栓症 P216-218, Vol.12-No.4 へるす出版 2013年

医局員原著論文

著者名 論文題名 掲載誌 発表年
Harano K, Ando M,
Sasajima Y, Yunokawa M,
Yonemori K, Shimizu C,
Tamura K, Katsumata N,
Tsuda H, Fujiwara Y.
Primary yolk sac tumor of the omentum: a case report and literature review. Case Rep Oncol. 2012 Sep;5(3):671-5. doi: 10.1159/000337281. Epub 2012 Dec 20.
Harano K, Ando M,
Sasajima Y, Yunokawa M,
Yonemori K, Shimizu C,
Tamura K, Katsumata N,
Tsuda H, Fujiwara Y.
Primary yolk sac tumor of the omentum: a case report and literature review. Case Rep Oncol.

医局員学会発表

発表者名 題名 学会名 発表年
酒井瞳、原野謙一、勝俣範之(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科) 「化学療法のrelative dose intensityに関する医師の実態調査」 第11回日本臨床学会学術集会(仙台国際センター) 2013年8月30日
勝俣範之、酒井瞳、門倉玄武、原野謙一、小野寺恵子、此松晶子 (日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科、日本医科大学武蔵小杉病院看護部、日本医科大学武蔵小杉病院薬剤部) 「がん治療医(臨床腫瘍医)ができる就労支援」 第11回日本臨床学会学術集会(仙台国際センター) 2013年8月30日
保科 淑子(日本医科大学武蔵小杉病院 心臓血管・呼吸器・乳腺内分泌外科), 宅島 美奈, 天神 敏博, 原野 謙一, 勝俣 範之, 小野寺 恵子, 此松 晶子 開心術後慢性心不全を伴う乳癌の3例 日本乳癌学会総会プログラム抄録集21回 Page643 2012年6月
原野 謙一(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科), 渡辺 優, 鈴木 啓介, 酒井 瞳, 中元 明裕, 渡辺 幸子, 勝俣 範之 DPCデータを用いた、卵巣がん化学療法におけるG-CSF適正使用の現状分析 日本癌治療学会誌(0021-4671)47巻3号 Page2528 2012年10月
酒井 瞳(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科), 原野 謙一, 中元 明裕, 勝俣 範之 HER2陽性乳癌に対してTCH療法を施行した一例 日本癌治療学会誌(0021-4671)47巻3号 Page2444 2012年10月
ページトップへ戻る