研修プログラム

研修目標

当科のプログラムでは、腫瘍内科プログラムを通じ、日本ではまだ少ない腫瘍内科を専門とする優れた臨床医を育てることを第一の目標としています。

研修の具体的目標

  1. あらゆる「がん」に対する内科的アプローチ(診断、薬物療法、緩和治療)をできるようにすること
  2. チーム医療のコーディネーターをできるようにすること
  3. 腫瘍内科学において優れた指導医となること

プログラムの特長

腫瘍内科学は、我が国ではまだ歴史の短い学問であり、腫瘍内科専門医を養成する教育プログラムをもつ研修病院が少ないのが現状です。本院では、日本でもまだ数が十分でない、腫瘍内科専門医(がん薬物療法専門医)によるOn the job trainingを基本としたプログラムです。また、近年腫瘍内科の治療の主体は、外来治療(外来化学療法)であり、まだ我が国でもほとんど取り入れられていない外来での教育を中心にプログラムを構築します。

プログラム概要

基本的な腫瘍内科プログラムは、入院、外来(週1回)患者の管理を腫瘍内科スタッフと一緒に受け持つことになります。

腫瘍内科は、内科学のサブスペシャリティーであるため、一般内科の基本的素養を修練しておく必要があります。当院では、希望に応じて、一般内科(神経内科、腎臓内科、呼吸器内科、内分泌・糖尿病・動脈硬化内科、循環器内科、消化器内科)をローテーションすることも可能です。

※希望により緩和ケア研修(院内もしくは院外)も可能

2年間のうち、症例経験を補うため、国立がん研究センター中央病院や国立がん研究センター東病院での短期研修(3~6ヶ月)も随時研修可能です。

アドバンスコースとして、2年間の研修後、臨床研究として、臨床試験のプロトコールを書いたり、データ集積・統計解析を行ったりするようなプログラムも考慮中です。

主な取得可能専門医・指導医

ページトップへ戻る