腫瘍内科はどんなところ?

がんの総合内科

腫瘍内科とは、「がん」の薬物療法(抗がん剤治療)を中心に、「がん」という病気に内科的に関わっていく診療科です。抗がん剤治療は、近年では大変進歩が目覚ましく、がん治療の中で大きな役割を担っています。

ところが、抗がん剤は、副作用が強く、時には重篤な副作用をもたらすこともあります。一方、安易に投与量を減らしてしまうと、今度は効果がなくなってしまうため、専門医による厳密な管理が必要です。当院では、これらのことに配慮しつつ医療を行って来ましたが、この度、私たちが腫瘍内科という新しい科を作り、院内各科をサポートしていくことになりました。

当科では抗がん剤治療のスペシャリストである腫瘍内科医が、各科と協力しながら適切に抗がん剤治療を実施していきます。また、内科医として、がん患者さんのさまざまな悩み・相談にも対応し、患者さんの「生活の質」を最大限に大切にするよう心がけます。そして、より良い生活を送ることができるよう患者さんと「共に」がんと闘っていきます。

どんな状況の方でも、がんの治療でお困りでしたら、お気軽にお越しください。
私たち武蔵小杉病院腫瘍内科のスタッフ一同、心よりみなさまのご来院をお待ちしております。

ページトップへ戻る