スタッフ紹介

勝俣範之

勝俣 範之(かつまた のりゆき)

日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授、部長
外来化学療法室 室長

担当スタッフスケジュール

腫瘍内科医は、抗がん剤を投与するだけの専門医でありません。がん患者さんのあらゆる問題に対して、共に悩み、共に闘っていく患者さんの良きパートナーとなることが腫瘍内科医の役割です。当科では、あらゆるがんの診断・予防から、治療、緩和ケアに至るまで、総合的にコーディネートし、対処します。気軽に外来を受診していただければと思っております。
経歴 1963年山梨県富士吉田市生まれ
1988年富山医科薬科大学医学部卒業
1988年より徳洲会病院にて研修を開始。鹿児島で離島医療研修も経験する。
1989年より茅ヶ崎徳洲会病院内科レジデントとして内科各科を研修。
1992年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとなる。当時は、各科ローテーションの制度はなかったが、自ら内科各科を研修、血液腫瘍、骨髄移植、婦人科化学療法にも従事する。
1997年国立がんセンター中央病院内科スタッフとなる。JCOG臨床試験に関与するようになる。2004年ハーバード大学生物統計学教室に短期留学、ダナファーバーがん研究所、ECOGデータセンターで研修を受ける。その後、国立がんセンター医長を経て、
2011年10月より、日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授として赴任。腫瘍内科を立ち上げ、今日に至る。
日本内科学会認定医
日本乳癌学会認定医
日本臨床腫瘍学会指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本癌治療学会がん治療認定医
日本サイコオンコロジー学会コミュニケーション技能訓練ファシリテーター
専門領域 内科腫瘍学全般、化学療法の支持療法、原発不明がん、婦人科がん、乳がん、臨床試験、EBM、がん患者とのコミュニケーション、がんサバイバー支援など
趣味 マラソン、自転車、楽器演奏(ギター、ピアノ)など


門倉玄武

門倉 玄武(かどくら げんむ)

日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科助教

担当スタッフスケジュール

これまで信州の山間で一般内科をしておりましたが2013年4月から当院に赴任いたしました。抗がん剤の治療や、がんによる苦痛を和らげる治療を行っています。抗がん剤は決して楽な治療ではありませんが、できる限りいつも通りの日常生活を送りながら治療を続けつつ、がんと向き合っていくためのお助けができればと考えています。スタッフともども皆様のお力になれるよう頑張ります。よろしくお願いいたします。
経歴 2007年3月 信州大学医学部卒業
2007年4月 信州大学医学部付属病院初期研修医
2008年4月 諏訪赤十字病院初期研修医
2009年4月 諏訪中央病院後期研修医
2012年4月 諏訪中央病院内科化学療法部医師
2013年4月 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科
日本内科学会認定内科医
専門領域 がん薬物療法、緩和治療
趣味 仕事以外の息抜き全般


横山雄章

横山 雄章(よこやま たかあき)

日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科助教・医員

担当スタッフスケジュール

経歴 2009年3月 獨協医科大学卒業
2009年4月 湘南厚木病院初期研修医
2011年4月 獨協医科大学病院後期研修医
2013年4月 国立がん研究センター東病院乳腺・腫瘍内科
2016年2月 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科
専門領域 がん薬物療法、緩和治療
専門医等 日本内科学会認定内科医


小野寺恵子

小野寺 恵子(おのでら けいこ)

日本医科大学武蔵小杉病院 看護師

がんと診断された方は、病気と向き合いいろいろな思いを抱えて日々過ごされているのではないでしょうか?いい時も悪い時も、患者さんと同じ歩幅で歩み続けて行きたいと考えています。困ったとき、心細いとき、嬉しいとき、なにも用事がないとき、いつでもお気軽にお声をかけてください。
勤務場所 腫瘍内科外来・外来化学療法室
専門領域 がん化学療法看護認定看護師
化学療法を受ける患者さんが、治療中であってもその方らしく日常生活を送れるように、治療によって起こる副作用への対応や日常生活を送る上で困ったことのサポートを行います。治療の選択に迷った時に、一緒に考え、患者さんにとってよりよい選択のお手伝いをします。
趣味 以前はスキューバダイビングにはまっていました。こどもを持ってからは行く機会がなくなり、時々水族館に行っています。いつかまた、海に潜る日を楽しみにしています。


高橋順子

高橋 順子(たかはし じゅんこ)

日本医科大学武蔵小杉病院 看護師

乳がんは、40歳~50歳代の女性の方に多い病気と疾患と言われ、女性の15名に1名が「乳がん」にかかると計算されています。乳がんという病気そのもの、治療に対する迷いや不安など、少しでも軽減できるよう、患者さんや、ご家族が安心して治療を受けられるよう、患者さん・家族と一緒に考え、共に歩んでいきたいと考えています。悩みは、一人で抱えないでください。お話しすることで、心が落ち着くこともあります。ご気軽に声をかけて下さい。お待ちしています。
勤務場所 患者サポートセンター
専門領域 乳がん看護認定看護師


藤原佳美

藤原 佳美(ふじわら よしみ)

日本医科大学武蔵小杉病院 看護師

私は緩和ケア認定看護師として、患者さんの素晴らしい内なる力を信じて看護をさせて頂いております。診断されてからは、精神的にも身体的にもつらい事があると思いますが、患者さんとご家族と一緒に考え、少しでも楽にそして自分らしい生活が送れるようにお手伝いをさせて頂きたいと思います。
早期からの緩和ケアの実践。「緩和ケアファースト!」を目指しています。
勤務場所 A3東(女性診療科病棟)、緩和ケアチーム所属
専門領域 緩和ケア認定看護師・がん看護専門看護師
趣味 城めぐりや幕末の志士たちが生まれ育った町や暮らした場所を旅したり書籍を見るのが大好きです。最近は忙しく旅が出来ないので、写真が載っている書籍を眺めては、あれやこれやと考えております。


栗原香織

栗原 香織(くりはら かおり)

日本医科大学武蔵小杉病院 看護師

がんになってしまうと、自分だけでなく家族も同時に闘病が始まります。辛いことがあるけど「なかなか家族には言えない、なかなか本人には言ってあげられない」
そんな風にお互いが辛い思いを持ち合わせてしまうことがあります。
身体の辛さは心の辛さに直結します。ぜひ今お持ちのいろいろな辛さを私たちにお話しください。お力になれることが必ずあると思います。見かけたらいつでもお声をおかけください。
勤務場所 腫瘍内科・外来化学療法室・週1回緩和ケアチームとしても活動しています
専門領域 がん性疼痛看護認定看護師
がん治療【手術・化学療法・放射線療法など】により発生する身体的な痛み・精神的な辛さ全般をケアする事を仕事としています。
趣味 カメラを買いました。まだまだ使いこなせませんが、その日の素敵な一瞬をファインダーから時折覗く日々です。


此松晶子

此松 晶子(このまつ あきこ)

日本医科大学武蔵小杉病院 薬剤師

「人を元気にするパワーを持っているね」と言われたことがあります。いくらでも元気にしますので、声をかけてください。
専門領域 がん薬物療法認定薬剤師
趣味 サッカー観戦、書道

ページトップへ戻る